• ホーム
  • 性病に感染しているか検査すべき?自覚症状がない場合は?

性病に感染しているか検査すべき?自覚症状がない場合は?

性病は人目にさらさない部位に発症することや、原因となるのが性行為や性的接触行為などの事情が関与して、心当たりをもっていてもなかなか医療機関の敷居をまたぐのには大きなハードルを感じる方が多いようです。しかし性病に感染しているにも関わらず放置しておくと、感染範囲を拡大したり1重症化してしまったりして治療も長引き複雑になります。普段と違う性器やその周辺の箇所に、異変や今までにない変化などを確認したら、専門機関で検査を受けて早期の治療の機会を逸しないことが大切です。しかし性器にまつわる検査など想像もつかない方も少なくないでしょう。そこで性病の有無を確認するための検査はどこで受けることが出来るのか、どのような内容を調べることになるのか検討してみましょう。

まず、検査を行うべき場所ですが、大別すると最寄りの保険所と医療機関を受診する方法の2つがあります。もっとも保険所で受けることができるのはエイズ(HIV)を対象にしたものです。クラミジアや梅毒などの患者数の多い性病についても調べてくれるのかは、保険所ごとに違うので事前に確認する必要があります。保険所に電話で予約することができ、予約番号をもらうことで当日もスムースに進みます。当日はカウンセリングなどの後で血液採取などが行われます。基本的にHIV感染の有無を調べるだけなら採決のみで終了します。

それ以外の性器クラミジアや淋病・性器ヘルペスなどの大半の性病の検査は、クリニックや病院などの医療機関になります。男性では皮膚科や泌尿器科、女性では婦人科などが診療科目になりますが、特に女性にあってはレディースクリニックなど若い女性でも受けやすい医療機関などもあるようです。医療機関では性病の検査について、健康保険を適用できるか否かは、医療機関ごとに異なるので費用が気になる方は事前の問い合わせの際に、ついでに確認しておくのをおすすめします。

医療機関では問診に始まり、医師により視診や触診などが続きます。視診は性器などの患部の状態を医師が肉眼で観察し病名を推測するというものです。触診では性器やその内部を指でさわり、はれぐあいなどを確認します。視覚や触覚だけではあらかたの診断を付けることができるもの、病原体を客観的に把握できないので、麺棒などで検体を採取る顕微鏡で調べる検査も行われます。性病の種類によっては血液循環にのったり、特有の検体が検出される場合もあるので、血液検査も併用される倍もあります。仮に自覚症状が無い場合でも、検査で性病感染の有無を確認すれば早期治療も期待できます。

関連記事
男性の性器クラミジアはどんな症状?潜伏期間は? 2020年04月26日

性器クラミジアは日本国内では新規患者数が一番多い性病のひとつで、年齢的には20代の若年男女にピークが見られます。特に女性感染者が多く、妊娠時の検診でクラミジアが発見されることもあるとされるほど、ありふれた性病の一種と言えます。特に10代の女性では男性患者を上回っています。性交渉が活発な年代に患者数が...

カンジダを早く治すには?できることと注意点について 2020年01月21日

カンジダとは、水虫やインキンタムシやシラクモなどの症状の原因となるカビの一種の白癬菌のなかまの微生物のことです。普段見かけるカビが高温多湿な環境を好むことからもわかるように、性器、とりわけ膣に好んで生息しています。性機能の成熟している成人女性の膣には、グリコーゲンなどの糖分の他、タンパク質の豊富で常...

性病に効く薬の代表的なものは?病気の種類による違いも 2020年01月03日

主に性行為を介して感染する性病の治療薬は、原因菌の種類により効果的な治療薬は異なります。現在の2位本において年間の新規患者数などにより代表的な性病をピックアップすると、性器クラミジアや淋病・梅毒などの細菌性の感染症から、ヘルペスやコンジローマなどのウイルス性のもの、カンジダに代表される真菌類感染症に...

B型肝炎は性病からも感染するってホント? 2020年03月27日

B型肝炎はウイルス感染による肝臓の炎症をきたすものです。一度感染しても免疫機能が正常なレベルで維持されている限り、一過性の感染ですみ体内から排除されています。ところが中には完全に排除されないまま慢性肝炎に移行する場合があり、一部では肝硬変や肝細胞がんなどに移行することがあります。比較的身近なウイルス...

梅毒に感染した場合の危険性は?重症になると脳や心臓に影響も 2020年02月07日

戦後1時期をのぞいて、公衆衛生環境の向上などが効を奏し一貫して患者数が低い数値で推移してきた梅毒ですが、2011年ごろを境にして新規患者数が急増しています。2019年には年間の新規感染者数は6000人を突破しており、1970年以来実に46年ぶりとされています。年齢や性別などに着目すると疫学的に明らか...