• ホーム
  • 男性の性器クラミジアはどんな症状?潜伏期間は?

男性の性器クラミジアはどんな症状?潜伏期間は?

性器クラミジアは日本国内では新規患者数が一番多い性病のひとつで、年齢的には20代の若年男女にピークが見られます。特に女性感染者が多く、妊娠時の検診でクラミジアが発見されることもあるとされるほど、ありふれた性病の一種と言えます。特に10代の女性では男性患者を上回っています。性交渉が活発な年代に患者数が多いことから、性病の性格を色濃く持っていますが、咽頭などの性器以外の部位にも病変を併発することがよくあります。

ところで性器クラミジアの特徴のひとつに自覚症状に乏しい点があります。女性の場合は感染しても無症状で経過することが珍しくなく、症状があってもせいぜい外陰部が赤くはれたり湿疹ができたり、オリモノが少し増加する程度にとどまることも。この傾向は男性でも同様で、ほとんどの場合軽い尿道炎の症状が出る程度です。しかし性器クラミジアを放置すると、男性型不妊の原因になることも。そこで早期に感染の事実に気づけるように、男性の性器クラミジアの症状や先夫期間などについて検討してみましょう。

男性の性器クラミジアでは、3日から1週間ほどの潜伏期間を経て尿道炎症状が発生します。具体的には排尿時にしみる感覚がしたり、灼熱感を感じるなどの症状です。淋病ほどではありませんが、膿が排出されることも、ただし膿は透明で粘り気にとぼしくサラサラしています。治療もしないままさらに放置して1週間も経過する頃には、クラミジアの感染範囲はさらに尿道の奥へと広がっていきます。尿道の奥には、クルミ上の前立腺が位置しています。前立腺は精液の成分を生成し精子を成熟させる器官で射精機能の維持でも重要な機能を担っているのです。ところが前立腺には痛みを感じる神経細胞が乏しいので、クラミジアが感染して炎症をきたしても自覚症状に乏しいのが実際のところです。しかしながら周辺には神経組織が分布しているので、別の箇所の神経が異常を知らせようと痛みなどの症状が探知されることも。しかし前立腺とは離れた部位の神経が反応するので、症状は行ってしないので痛みの部位が日によってかわったりします。

前立腺の奥には睾丸が位置していますが、さらに放置すると睾丸やその周辺の副睾丸にまで炎症が拡大することになるのです。副睾丸は睾丸で生成された精子を蓄えておく機能があるので、網目状に睾丸周囲に広がっています。副睾丸はフィルターのような機能も有しているので、クラミジアの病原体もここに滞留することに。その結果副睾丸炎に発展し強烈な痛みや発熱などの症状が見られる場合もあります。

関連記事
カンジダを早く治すには?できることと注意点について 2020年01月21日

カンジダとは、水虫やインキンタムシやシラクモなどの症状の原因となるカビの一種の白癬菌のなかまの微生物のことです。普段見かけるカビが高温多湿な環境を好むことからもわかるように、性器、とりわけ膣に好んで生息しています。性機能の成熟している成人女性の膣には、グリコーゲンなどの糖分の他、タンパク質の豊富で常...

性病に効く薬の代表的なものは?病気の種類による違いも 2020年01月03日

主に性行為を介して感染する性病の治療薬は、原因菌の種類により効果的な治療薬は異なります。現在の2位本において年間の新規患者数などにより代表的な性病をピックアップすると、性器クラミジアや淋病・梅毒などの細菌性の感染症から、ヘルペスやコンジローマなどのウイルス性のもの、カンジダに代表される真菌類感染症に...

B型肝炎は性病からも感染するってホント? 2020年03月27日

B型肝炎はウイルス感染による肝臓の炎症をきたすものです。一度感染しても免疫機能が正常なレベルで維持されている限り、一過性の感染ですみ体内から排除されています。ところが中には完全に排除されないまま慢性肝炎に移行する場合があり、一部では肝硬変や肝細胞がんなどに移行することがあります。比較的身近なウイルス...

性病に感染しているか検査すべき?自覚症状がない場合は? 2020年02月26日

性病は人目にさらさない部位に発症することや、原因となるのが性行為や性的接触行為などの事情が関与して、心当たりをもっていてもなかなか医療機関の敷居をまたぐのには大きなハードルを感じる方が多いようです。しかし性病に感染しているにも関わらず放置しておくと、感染範囲を拡大したり1重症化してしまったりして治療...

梅毒に感染した場合の危険性は?重症になると脳や心臓に影響も 2020年02月07日

戦後1時期をのぞいて、公衆衛生環境の向上などが効を奏し一貫して患者数が低い数値で推移してきた梅毒ですが、2011年ごろを境にして新規患者数が急増しています。2019年には年間の新規感染者数は6000人を突破しており、1970年以来実に46年ぶりとされています。年齢や性別などに着目すると疫学的に明らか...