• ホーム
  • HIVに感染すると必ずエイズを発症するの?HIV感染とエイズの違い

HIVに感染すると必ずエイズを発症するの?HIV感染とエイズの違い

薬を飲んでいる女性

人類と性病の関わりは古く、有効な治療薬が開発されない時代にあってはしばしば生命にかかわることが珍しくありませんでした。大航海時代では世界各地での覇権を競う列強が活発に進出した南米大陸では欧米から持ち込まれた梅毒などの性病の大流行のおかげで、大きな被害がもたらされることもしばしばあったとされています。しかしながら20世紀が到来し、ペニシリンを嚆矢とする抗生物質が発見されたおかげで性病も治癒可能な感染症との認識が、一般的になりました。ところが1980年代にアメリカなどで奉告が相次いだエイズは、再び人類に脅威を与える感染症として性病への認識を再び改めさせることになっています。

ところでエイズとHIV感染症はしばしば混同されますが、両者は密接な関係にありますが明らかな違いがあります。HIV感染症とはヒト後天性免疫不全症候群ウイルス感染症のことであって、まだエイズを発症する前の段階にある状態です。これに対してエイズはHIVウイルスの増殖のおかげで免疫機能が破綻し法定の23種類のなかのいずれかの疾患を発症した段階で初めて確定診断を受けることになります。つまりウイルスに感染しても免疫機能に感染したウイルスは増殖を開始し、感染後2週間ほど経過すると感冒に類似した症状を呈することがありますが、中には数年から10数年以上にわたって無症状のまま経過することが珍しくありません。特にHIVは免疫機能を構成するCD4陽性リンパ球を宿主として増殖を開始し、CD4陽性リンパ球の血液中の数は減少を続けています。

血液検査ではCD4陽性リンパ球の数も、HIV感染やエイズ発症などの診断を下すうえで重要な指標になりますが、免疫機能の低下がある程度のレベルを超えると寝汗や長期間継続する慢性的な下痢や、体重減少などの症状が出現するようになります。しかしHIV感染症の段階では普通は生命にかかわる状態にまで病状が悪化することはありません。

免疫機能はウイルスや細菌などの病原性微生物の侵入や増殖を抑制するために、重要な機能を担っています。ところがHIV感染後CD4陽性リンパ球を初めとした免疫機能が破綻すると、病原性をもつ細菌やウイルスだけでなく、健常な状態では特に症状を引き起こさない日和見細菌ですらも重篤な肺炎や敗血症などを引き起こします。つまりエイズを発症すると免疫機能が廃絶するので、生命にかかわる感染症を発症したり、エイズ特有の認知症や悪性腫瘍などを原因に死亡するなど、生命にかかわる事態を引き起こします。エイズは生命にかかわる状態ですが、HIVは生命予後に影響することはない点に違いがあるといえます。

関連記事
男性の性器クラミジアはどんな症状?潜伏期間は? 2020年04月26日

性器クラミジアは日本国内では新規患者数が一番多い性病のひとつで、年齢的には20代の若年男女にピークが見られます。特に女性感染者が多く、妊娠時の検診でクラミジアが発見されることもあるとされるほど、ありふれた性病の一種と言えます。特に10代の女性では男性患者を上回っています。性交渉が活発な年代に患者数が...

カンジダを早く治すには?できることと注意点について 2020年01月21日

カンジダとは、水虫やインキンタムシやシラクモなどの症状の原因となるカビの一種の白癬菌のなかまの微生物のことです。普段見かけるカビが高温多湿な環境を好むことからもわかるように、性器、とりわけ膣に好んで生息しています。性機能の成熟している成人女性の膣には、グリコーゲンなどの糖分の他、タンパク質の豊富で常...

性病に効く薬の代表的なものは?病気の種類による違いも 2020年01月03日

主に性行為を介して感染する性病の治療薬は、原因菌の種類により効果的な治療薬は異なります。現在の2位本において年間の新規患者数などにより代表的な性病をピックアップすると、性器クラミジアや淋病・梅毒などの細菌性の感染症から、ヘルペスやコンジローマなどのウイルス性のもの、カンジダに代表される真菌類感染症に...

B型肝炎は性病からも感染するってホント? 2020年03月27日

B型肝炎はウイルス感染による肝臓の炎症をきたすものです。一度感染しても免疫機能が正常なレベルで維持されている限り、一過性の感染ですみ体内から排除されています。ところが中には完全に排除されないまま慢性肝炎に移行する場合があり、一部では肝硬変や肝細胞がんなどに移行することがあります。比較的身近なウイルス...

性病に感染しているか検査すべき?自覚症状がない場合は? 2020年02月26日

性病は人目にさらさない部位に発症することや、原因となるのが性行為や性的接触行為などの事情が関与して、心当たりをもっていてもなかなか医療機関の敷居をまたぐのには大きなハードルを感じる方が多いようです。しかし性病に感染しているにも関わらず放置しておくと、感染範囲を拡大したり1重症化してしまったりして治療...